店舗以外でも使える便利なハンディPOS
2017.02.02

subimg02ハンディPOSが便利な点は店舗以外でも利用することができるという点です。導入することによって、手入力のミスも少なくなり安心です。小型で軽量なため女性にも使うことができ、バッテリーが内蔵されているものがあり長時間利用したり、屋外でも使えるため幅広い用途で利用することができます。POSシステム未導入の場合にはキャッシュレジスターと手入力で運用を行いますが、ハンディがあると入力ミスを防ぎリアルタイムで販売された情報を集めることができます。

ハンディに売上データをためておくことが可能で、倉庫などで検品なども長時間行うことができます。在庫管理や売上管理と幅広い利用することができます。キャッシュレジスターでは売上管理を行う場合には、入力間違いやリアルタイムでデータ収集ができないというデメリットがあります。店舗の売上状況や在庫管理をリアルタイムにチェックすることができ、チェックしたデータをもとに売上戦略を検討することができます。働く人材の確保が困難なことから販売をアルバイトに任せている店舗などでは、オーナーが離れると店舗運営が困難なことがありますが、システムを導入することによって、オーナーが外出中でも店の状況を確認することが可能です。店舗が増える予定がある場合にはシステム導入をしておくと安心です。

ハンディは売上だけでなく、離れた場所の在庫管理と幅広く利用することがえきます。店舗に出ている商品と離れた場所の在庫が同期を取ることができ、仕入れ手配をするときにも発注個数をリアルタイムで検討することができます。リアルタイムで経営状況を把握することができ、売れ筋商品をすぐにチェックすることができたり、人員配置も適切に行うことができます。ハンディ形式なため女性でも苦なく利用することができ、操作性も優れています。飲食店の注文受付やスーパーなどの商品の入出庫・在庫データとの管理などの用途に優れていて、スペースが確保できない店舗でPOSレジの代わりとしてハンディを導入する方法も可能です。飲食店で利用すると注文の受付・厨房への伝達・会計をハンディシステムを使って作業時間の短縮をすることができ人が行うミスを減らすことができ、人員も減らすことが可能になります。初期の導入費用も少なく、料金も月額性にすることができるため負担が少なくランイングコストを抑えることができ、店舗を運営する上で負担を軽くすることができます。店舗の拡大を検討している場合にも早めに導入できるように準備していくことが大切になります。

▲ ページトップへ