失敗しないPOSの選び方
2017.02.02

subimg04POSシステムは物品販売の売上実績を商品1つ1つ管理し、集計をする能力を備えているシステムで販売時点で管理を行います。主にスーパーやデパート、コンビニなど小売り店や飲食業界などで導入しています。以前のシステムと異なりさまざまなニーズに応えることができる機能や機種が販売されていて、年々POSの普及率がアップしています。大手だけでなく、一般小売店や病院や学校の売店などでも活用されるようになりました。

パソコンやインターネットなどのネットワークと連動することができ、さらに業務効率化をサポートすることができます。システムは従来のタイプと比べると価格が下がっており、今まで以上に導入しやすくなっています。導入を検討している場合にはさまざまなメリットを把握して店舗にあったものを選びます。システムを導入すると、販売商品に対するバーコードからより詳しい情報をスキャンし、売上データの集計や分析などを本部へ行かつデータ送信などを自動で行うことが可能です。システムやPOSレジに関してオプションが幅広く利用することができ、店舗の運営をスムーズにするために各企業のニーズに合わせてシステムの構築が可能です。システムを失敗しない選び方は、過去にどのような業種・業態にてシステムやレジの導入実績があったかチェックします。各業種・業態によって求められるシステムは異なりますが、取扱い業者が同じような業種・業態にたいして実績があると、導入へのノウハウがあるため、ニーズに合ったシステム導入をすることができます。導入経験がまったくない業者の場合には、求めているシステムを取り入れることは難しくなります。無理のない価格や実績も豊富で店のニーズや規模に合ったメーカーを選ぶことが大切です。システムは導入してもすぐに効果は実感することはありません。効果がでるまで最低でも数か月掛かります。導入後の対応次第で長くシステムの能力を最大限に引き出した活用方法が可能かどうかによって導入をした効果が変わってきます。

初回導入時には、いろいろな登録作業や操作方法を覚える必要があり、マニュアルを読んだだけで習得することは難しいです。トラブルが発生したときにもメーカーや業者のサポート体制は絶対で、販売した業者の保守期間が設置されているか、設定されている期間でトラブル時のサポート時間などは導入時の重要なポイントになります。導入後のカー側の対応や対応期間、担当者との連携なども選択するときにはポイントになります。24時間営業してる店舗では営業中レジが稼働し続けます。外気や湿気、ホコリや外圧などによってさまざまな障害が発生する恐れがあるため、長くためにも丈夫なものを選ぶことは重要です。

▲ ページトップへ